流す時が来た

脂肪って
インナーチャイルドみたいに
悲しみや怒りや色んな感情を溜め込んでる。

脂肪はベッタリとへばりついて、
純粋で柔らかな自分を
不器用に守ってくれている

まるで
鎧(よろい)の様に…

私、
この10日間に2キロ痩せたんです。

ちゃんと食べてます。
食べ方を変えただけです。
(その事に関しては
もう一つのブログにアップしてますので、
興味のある方はそちらをご覧下さい。)

体重2キロっていうのは、
若い人なら1日で痩せられる数字かもしれないけど、
ウエストが5センチ減り、
体脂肪は2.6パーセント減りました。

まだまだ
元の体重ではないのですが、
体重の増減の話はどうでもよくて…

脂肪が減ったのと同時に
抑え込んでいた感情が溢れてきたんです。

それも生理が始まった日に…
体も心もデトックス。

たまたま数日前に
息子のケータイに
元夫の弟から電話が入ったそう。

大した用では無かったのだけど、
弟という言葉を聞き、
久しぶりに思い出し
色んな記憶が蘇ってきました。

弟と言っても
私より14歳年上。

親戚の集まった席で、
元夫の母や弟に
何回バカって言われたかな…

義理の兄嫁が元夫の母に、
「そんなバカ、バカって…
エリナさんに聞こえるわよ、お母さん、
あははは」

「聞こえたっていいよ。
本当にバカなんだから、あははは」
なんて会話も聞いたりして…

ここは
本当に平成の世の中?
大奥かと思いましたね(⌒-⌒; )

当時20代の私は
返す言葉もなく
イヤミの一つも言えずじまいで
黙ってるだけ。

元夫の母が亡くなった時は、
お葬式には参列させてもらえましたが、
弟に一番うしろの席に座れと…

親族全員が、
元夫の母を施設に入れたのは私。
という解釈だった様です。

じゃあ
なぜ施設から出して
自分で面倒みなかったの?
って話なんだけど…

私のせいにしていれば、
親戚全員、
喧嘩せず仲良しでいれる訳だから…

学校のイジメと一緒です。

そういう忘れていた様な
悲しみや怒りが
ドバッと出てきました。

私の20年を返せ
って思うほどの怒りも出てきました。

私は上半身に脂肪が多いのですが、
自分の心や子宮を
脂肪をつけて守っていたのかなって思った。

もう
流す時が来た。

脂肪と一緒に
全て水に流そう。

本音を言えば
父が癌で死んだ事も、
母があんな風になってしまった事も、
離婚して息子を傷つけた事も、
犬達に悲しい思いをさせた事も、
流産した事も…
全部
未だに消化出来ないぐらいの傷です。

自分の半分は死んでるぐらいの
傷を負ってる感じ…

しかしね
傷だらけでも、前に進んだ。
自分を生きるしかなかった。

人生って色々あるけど、
水に流したり、
水に流せないものは、
とりあえずそれを抱えて
進むしかない。

抱えながら進んでいいんだよ。
人生はあっという間だから…

本当は
毎月来て下さっていたクライアントさんに
ご連絡入れたいのです。

どうですか?
と…

だけど
今私は、自分の体と心に向き合っています。

こういう時間って必要。

ここを越えたら、
一皮剥けて
又新しい気付きや癒しを提供出来ると思っています。

もう少し
お時間下さいね。

もう一つのブログ↓
http://nanairowelina.jugem.jp/

elina xiá















0

この記事へのコメント