ぬちぐすい

去年の12月と今年の1月に
続けて台湾に行って、
更に3キロ太った私。

スイーツが美味しすぎる台湾(⌒-⌒; )

台湾では毎日15000歩以上歩いてたのだけど、
完全に糖質の摂取量が多すぎちゃう。
これから台湾行ったら
どうすりゃいいの?って感じ。

悩みのタネの腰痛を治したいのと、
旅先でもっと軽々動きたいから
体重を減らそうと決心し、
6月25日から食事の内容や食べ方を変えてみました。

今日で20日。
体重は2キロ減、
体脂肪は増減あるけど約3パーセント減、
ウエストは7センチ減。

ちなみに運動はしてなくて、
たまに
ユーチューブ見ながらカーヴィーダンスしてます(笑)
歩くのも運動も嫌いだけど、
踊るのは好き♪

腰痛は本当に良くなりました。

寝ていても、
座っていても、
立っていても、
歩いていても、
ずうっと痛かった腰。

良くしたい、
でも
どうせ治る訳ないと
自分自身が諦めていた様に思います。

筋肉をつける様な食事に変えて、
ストレッチをしただけなのだけど、
こんなに良くなるものなんだと
正直驚いています。

人の体って
やっぱり日々の食べ物や
習慣で出来てる。

私は母もベジタリアンだったので、
お肉をほとんど食べずに育ちました。

息子を産んでからは
自分もベジタリアンになりました。
野菜と炭水化物中心の食事。

本音を言うと、
お肉を食べるのがキツイ。
嫌いです…

楽しめて
自分の体質を良くしていける食事を
これからも勉強していこうと思っています。

最近
体質改善の本を読み漁っているのだけど、
コンビニ食や外食などが多く
食品添加物の摂取量が多い人は、
皮下脂肪が硬いそう。

あと
ダイエットのやりすぎとか、
脂肪吸引やキャビテーションなど
美容整形やエステなどでいじった人も
皮下脂肪の細胞にかたよりがあるそうです。

皮下脂肪は
つきたてのお餅の様に柔らかければ正常で
落ちやすいのですが、
硬かったり、
中身スカスカでボヨンボヨンしている感じだと
落ちにくいそう。

幸い私は
オーガニック生活が長いせいか、
皮下脂肪の質は良かった気がします。

なので
わりと簡単にウエストが7センチ減りました。

しかし私は
今回の件で自分をまじまじと感じたよ…

自分の体を良くしたいのに
どうせ良くならないと思っている自分。

めんどくさいと思っている自分。

なんで変わらなきゃいけないの?
今のままでいいじゃんと言い訳する自分。

そして思ったのは、
若い頃にはどうやったって戻れない訳だし、
他人と比べるものでもない。

今の自分のベストがどの程度のものか分からないけど、
美しく健康で在りたいと思う。

そうなれる自分を信じてあげようと思います。

母が今の私と同じ歳の頃には、
子宮と脳の病気をし
手術を受けていました。

手術や薬
私達の命や健康を助けるために存在してくれているけど、

沖縄には「ぬちぐすい」という言葉があって、
ぬちは命、ぐすいは薬。
それは病院の薬という意味ではなく、
命の薬とは、
母親や誰かの愛情や、
心を込めて作った食べ物という意味です。

ぬちぐすいの精神を
自分自身にも向けてあげたいですね。

elina xiá


















0

この記事へのコメント