女としての罪からの解放

本当に女性の体というのは
ゆらゆら揺らいでいる。

生理が終わって次の排卵期までは、
私は筋肉女子になれるのではないかと
錯覚してしまうぐらい筋肉がついた。
筋トレも苦ではなかった。
だから
体脂肪もみるみる減った。

なのに
排卵期が来た途端、
筋トレがだるくて出来ない。
ダンスも途中で辛くなる。
だから
体脂肪も増え出す。
体がむくんでいる感じだし、
排卵痛のせいか腰や下腹部が痛い。
そしてなぜか
全てがめんどくさかったり、
急にイライラしたりする(⌒-⌒; )

この様々な症状、
生理が来たら
もっとひどくなるんです。。。

女性にとって良い時なんて
ほんのちょっとしか無いじゃない!

こんなにホルモンに作用されてるのに、
女に働け働けって言う男が居たりするから
ね!!
子供産んで育てて、
家事やって、
社会で男並みに稼いで来いなんて…

なんで女が
そこまでしなきゃいけないの??

昨日元夫に会ってムカムカしちゃったね〜(笑)

なんでかって
息子が社会人一年生で
たくさん悩んだり無理したりしてる訳ですよ。
とにかく未熟ながらも頑張ってる。

小さな時から
心の内をぶちまけられるのは
母親である私にだけ。
私はその全てをスポンジの様に受け止めてきたし、
今も受け止めてますよ。

今だって息子の悩みを聞くと 
ハラハラする訳ですよ。
他人事じゃないから…

でもオヤジはどうよ?
なーんにも知らないで、
のほほーんとして…

子供を得て、
立派に社会人にしたという
満足感だけはあるんだろうな〜と思ったら
ムカムカしてきましたよ!

プレ更年期のせいかもしれません(⌒-⌒; )

あなたはお気楽で幸せだろうね〜
ただ働いてればいいんだからさ〜と…
(今は自分の為にだけ働いていれば良いんだもんね〜)

昔、そんな事を本人に面と向かって言った事がありました。

そしたら
「偉そうな事を言うなら、
俺と同じだけ稼いでこい!」と言われました。

「はぁ??
だったらあんた妊娠して子供産んで育ててみろ!」と言い返した記憶あり。。。

今思えば水掛け論だよね。
だってそもそも男と女は
質も役割も違うんだから…

そこを両者が分からないとキツイですよね。

それと子育て中はね、
本心は思っていなくても
こういう言葉が出ちゃうものですよ…

今の夫は
そこを私以上に理解してくれてるので、
私はやっと
女性に産まれた事を喜べる様に…

言葉ではうまく言えないけど、
何かの呪縛から解放された気がします。

今の夫の子供を産んだ訳でもないのに、
こうして女性として大切にしてもらえる日々…

アダムとイヴが禁断の果実を食べて
神様から楽園を追放された時、
「女には子を産む痛みと苦しみ」を、
「男には労働」を
罪として与えられました。

夫という存在に出会い
愛を育んできた過程の中で、
魂レベルで
その罪から解放されつつあります。

この地球は
創造主、
宇宙の法則性、
神様や天使などの存在、
妖精、
自然、鉱物、
人間、動物、虫、
全てが在る場所。

生きている間、
どんなレベルも感じれる訳です。

全ては自分の中に、
そして地球の中に在るって
私は思って生きています。

これから閉経し本格的に更年期を迎える訳ですが、
それも
神様からイヴ(女)が与えられた
罪からの解放だと思ったら
なんだかワクワクしてきます。

elina xiá











この記事へのコメント

とも☆
2019年07月20日 13:19
私も更年期が、こんなにつらいとは思いませんでした^^

でも陰陽の法則で

辛いことの後には、素晴らしい世界が待ってる‥と信じてます。

(婦人科の先生にも「60歳になったら、第二の青春だから、つらいのは(閉経前後の)数年」と言われました)

elina xiá
2019年07月22日 19:57
ともさん☆

本当にびっくりなぐらい
体がキツくなりますね。。。

第2の青春!!
そう思ったらワクワクします♪