なな色の月の光り

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供の不登校

<<   作成日時 : 2017/08/07 14:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0


クライアントさんから
お子さんの不登校の悩みを相談されたので、
私の考えをそのままシェアします。

もしかしたら
どなたかの悩みの参考になるかもしれないので…


「メール読まさせて頂きました。

私も経験がありますが、
子供の不登校は悩みますよね。

今まで元気に通っていたなら
なおさらの事だと思います。

子供って成長過程において、
引きこもる時間が必要な時ってあるんです。

母親から離れられなくなったり、
外に出たくないと言ってみたり…

成長によって
今まで見えなかった物が
見えたり、感じたりする様になったのかもしれません。

キャパオーバーで不安だから
その状況に慣れるまで
お母さんと一緒に居たいのかも。

6歳って
そういう時期な気がします。

人間にはリズムがあって、
エネルギーが内側に向かったり、
外側に向かったりしています。

人間は単純に
外側に向かう事だけを良しとしている傾向があるのですが、
十分に内側にエネルギーが向かわないと、
実際はうまく外に出ていく事は出来ません。

それが
自然のリズムだからです。

子供の不登校は
内側に向かっている時なんです。

そう思って
彼が望む安心な環境を出来るだけ与えてあげれると良いですね。

だけど日の光や
人との関わりはとても大切です。

なるべく自然の中に連れて行き、
他者と触れ合える時間は設けてあげて下さい。

テレビやゲーム漬けにだけは
しないであげて下さいね。
眠る時間も大切に…

私の息子は幼稚園もろくに行っていませんし、
小学校も五年生まで休み休みでした。

学校を休んだ時は、
いつも山に連れて行って、
二人で山を散策していました。

緑を見せたり、
土に触れさせる事は特に良いです。
子供の中にある
不安や過剰なエネルギーを吸い取ってくれます。

心を豊かにする為に、
絵本は沢山読んであげました。
読ませるのではなく、
読んであげるのです。
長崎の童話館の絵本がオススメです。

そんな風にしていたら、
ある日、ガラッと変わりましたよ。

中学、高校は
遅刻なども一切しませんでした。
大学は中退し、
しばらく外に出ず内側にエネルギーが向かいましたが、
信じて放っておきました。
すると自分の道をちゃんと自分自身で見つけました。

息子さん、
立派に成長してますよ。

ママも息子さんも
心も体もゆったり過ごせると良いですね。」

LOVE ∞ Elina .。.:*☆

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供の不登校 なな色の月の光り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる